ターミナル  (東京国際空港)

羽田空港へ遊びに行ってきました。
私にとっては昭和30年頃からの癒しのスッポト。今も変わりません。

昭和27年頃には、かなりの部分が返還されたとはいえ、私がはじめて出会った羽田空港は
まだアメリカ軍の「エアベース」がある独特の飛行場でした。戦闘機こそないものの、軍用
輸送機が並んでいましたし、施設は、日本人はオフリミット。

いまの「東京国際空港」になったのは、昭和33年に全面返還されてからです。その前に
確か新しいターミナルビルが建ち、東京の観光名所になって、修学旅行の学生や団体の
人達で大変な人気でした。後に「新東京国際空港=成田空港」ができるまで、まさに日本の
空の玄関だったにですね。

「ビッグバード」と呼ばれた大きなターミナルビルが完成した時には、これまた大変な人気
でしたが、昨年12月に「第二ターミナル」が出来て、休日など人、人、人の賑わいです。
今の空港からすれば、私が出会った頃の空港は「箱庭」みたいなものですね。

轟音とともに離着陸する飛行機をみているのは、何ともいえないいい気分です。
薄暗くなりかけた頃、飛行機がライトをつけて発着するのは、最高です。大袈裟でもなくて
「無の境地」になれるところ。映画の主人公は暫く住み着いていたようですが、住める
ものならちょっと住んでもいいかな、と。ターミナルにはそんな魅力があります。
c0051107_2227090.jpg
c0051107_22281358.jpg

by suirenn2 | 2005-02-15 22:29 | Comments(1)
Commented by おせっちゃん at 2015-05-22 16:23 x
もう40年以上前になるのですが、幼い子供を連れて羽田から福岡まで飛びました。山口への帰省に乗ってみたのです。まだプロペラ機だったのではないかなあ。窓から見る日本列島が地図そっくりなのに・・・あたりまえ!!・・・感動した田舎ものでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< だ る ま さ ん 119歳! コーヒー、たばこ、女性? >>