半夏生など

1年の半分がもう過ぎてしまいました。
「光陰矢の如し」「歳月は人を待たず」、そんな言葉がちらっと頭をかすめます。

今日2日は「半夏生」、七十二候の一つで夏至から十一日目に当たる日で、
この日から5日間が半夏生となるそうです。かつては「田植え」にもっとも
相応しい時期とされていたとか・・・・。

この時期に色づく半夏生という植物もありますね。
すっかり忘れていたのですが、ふと気がついて見に行ってみました。
「半化粧」とも表記されますが、殆ど「お化粧」は済んでしまったようで、
白粉を塗ったような葉ばかりでした。
c0051107_1023524.jpg

花期に葉が白くなるのは虫媒花であるためにこのように進化したのではないかとも
いわれているそうです。

葉が白くなる花といえば「コンロンカ=崑崙花」もそうですね。
やはり、いま頃の時期、花盛りです。
中国の崑崙山の雪に見立てた名前といいますから、ちょっと驚きます。
c0051107_10484513.jpg

c0051107_110246.jpg

ところで、前回のツバメの話の続きになるのですが・・・・・
巣立ったツバメはどうなるのか? 「ツバメのねぐら」という所で過ごすとのこと。
文字通りツバメが集まって眠る場所のこと。

ツバメが大きくなり巣立つと、日本から去るまでの間渡りのための準備をする。
そのときに河川敷のヨシ原などで集団でねぐらを作るそうです。
そのねぐらが大田区の多摩川、我が家からもそんなに遠くないところにあるという。
「日本野鳥の会」からその「ねぐら観察会」の案内が届きました。
7月ですが、時間は18時~20時頃まで・・・・さて、どうするか?

もちろん行きたいのですが、気がかりがひとつ、「蚊に喰われるのではないか?」
土手の花火大会へ出かけた何人かの人から蚊の被害をきいているので
蚊に好かれやすい私はちょっとびびっています。
c0051107_1134675.jpg

c0051107_1134221.jpg

by suirenn2 | 2017-07-02 11:46 | Comments(4)
Commented by おせっちゃん at 2017-07-02 23:37 x
ツバメは集団で暮らすのですか。助け合って共同生活をするのでしょうか。
今まで聞いたこともありませんでした。
面白いですね。
Commented by suirenn2 at 2017-07-03 10:07
おせっちゃん
おはようございます。
ヨシ原などで集団生活をするのはきいたことがありますが、
多摩川のそれも家の方にあるとは驚きでした。
数千から時に数万の数にもなるそうです。
ただし、天候や飛来状況により観察できる数には変動があるとか・・・・
行くかどうするか、その時の気分次第になりますかね。
Commented by ブルーベリー at 2017-07-03 11:41 x
今年も半分が過ぎとうとう7月に入りましたが途端に猛暑でぐったりです。
「半夏生」好きなんですが以前は散歩途中の公園の池の傍に咲いてたのにこちらへ
来てからは見かけた事がありません。
先日テレビで京都の建仁寺で沢山咲いてるのを見ながらうっとりしてました。
明日まで一般公開されてるそうですが行く元気はないです^^;

ツバメ元気に育って巣立ちの時期が間もないようですね。
すいれんさんの熱心な観察にこたえてくれたのでしょう^^
「ねぐらの観察会」ってあるのですね。
虫除けスプレー持参で参加されてはいかがでしょう。
Commented by suirenn2 at 2017-07-03 12:14
ブルーベリーさん
おはようございます。
急に暑くなってしかも湿度も高い。身体にも気持ちにもこたえます。
無理は禁物、お互い、充分に気をつけましょうね。

半夏生は散歩道のあるお寺さんで咲いています。
毎年楽しみにしていたぼですが、今年はうっかり忘れて
見に行くのが遅くなりました。
半分位が白くなったのが私としては風情を感じるのですが・・・・

ツバメは無事巣立ったようです。
今頃は多摩川のヨシ原で過ごしているのでしょう。
「ねづら観察会」は貴重な機会ですが、やっぱり、蚊が気になって・・・
防虫スプレーを吹きかけても刺されることがあるんですよ。
以前ならそれでも「なんのその」で出かけたでしょうが、
そういう元気というか気合がなくなってきましたね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新聞記事から つばめ観察 古巣に帰ってきていました >>