ミュシャ展 ~ 国立新美術館 4月12日

思いがけないことでしたが「ミュシャ展」へ行ってきました。
お誘いがあったのです。ありがたいことでした。
c0051107_10414640.jpg

ミュシャといっても私は「名前をきいたことがある」といった程度で、
どんな画家なのか知らないのですが、展覧会の案内にはこうありました。
c0051107_10441761.jpg

ここにある「スラヴ叙事詩」が今回話題になっているようです。
c0051107_10482982.jpg

縦6m、横8m、文字通り圧倒的な大きさには、もうびっくり!
「スラヴ民族の苦難と栄光の歴史」といったことはまったくわからないので、
描かれていることも理解できなかったというのが正直な感想です。

「チェコ国外 世界初公開」という。こんな巨大な絵を運ぶたけでも大変なこと。
そう思うと目の前で鑑賞できる機会を得たのは貴重なことでした。

美術館やその界隈の桜がきれいでした。
僅かながらはらはらと散ってはいるものの、よく晴れ上がった天気で
陽に映えて眩しいくらいに輝いていました。
c0051107_11373998.jpg

c0051107_1138762.jpg

c0051107_11414689.jpg

by suirenn2 | 2017-04-13 11:47 | Comments(6)
Commented by ブルーベリー at 2017-04-13 21:29 x
すっかりご無沙汰してしまいました。
「ミュシャ展」貴重な絵が観られて良かったですね~
お孫さんたちのお祝いが出来て良かったですね。
おめでとうございます。
スルーして拝見させて頂きましたが桜・桜見事ですね~
今年は開花宣言が出てから雨が降ったりで中々見るタイミングが上手くいかなかったようで
私も今日はバスの中から見ただけでした。
明日も出かけるので青空の下で見れるかどうか時間的に疑問です。
週末には花散らしの雨になりそうなので今年は無理かもです。
Commented by はっちゃん at 2017-04-14 09:23 x
「ミュシャ展」見ごたえのある展覧会のようですね。
先日、新国立美術館に「水彩連盟展」を観に行ったとき、ご一緒した友人が
その日の午前中に鑑賞して、「ぜひ!」と進めてくれましたが行けないでいます。
(その日は私は用事があって、ご一緒できなかったの)
ミュシャと言えばあのポスターしか思い浮かばないので、あまり気も進みませんでしたが
この「スラヴ叙事詩」が圧巻のようですね。

美術館前の桜もまだまだ見ごたえありましたね(^_-)-☆
桜の木・・・草間彌生さんの水玉お洋服着てたでしょ(@_@)
Commented by suirenn2 at 2017-04-14 21:31
ブルーベリーさん
ミュシャ展、超大作にはその大きさに圧倒されました。
民族の歴史などわからないので眺めるだけでしたが、
観られただけでも貴重なことでしたね。
桜は今年は長く咲いていたけれど、ゆっくりお花見できる日は少なかったような?
何かタイミングが悪くて行く予定のところも行けなかったです。
それでも振り返ってみると機会に恵まれたとは言えるでしょうか。
もう4月も半ば、本当に今年は長持ちした桜でしたね。
Commented by suirenn2 at 2017-04-14 22:01
はっちゃん
「スラヴ叙事詩」、とにかく巨大、超大作です。
それだけ深い想いがこもっているのでしょうね。
描かれていることはよくわからなかったので、
帰ってからネットでいろいろあたってみました。
それで少しは絵に近づけたような・・・・・?

美術館もそうでしたが、六本木界隈の桜がきれいでしたね。
美術館の桜の木、あのお洋服は、私はちょっと・・・・
なんだか桜が可哀そうな気がして見ないようにしてました。


Commented by おせっちゃん at 2017-04-15 08:41 x
新しい美を堪能なさったのですね。
知らなかったものに出会うのもご縁ですね。
Commented by suirenn2 at 2017-04-15 09:54
おせっちゃん
「スラヴ叙事詩」は近年になって再評価されたようです。」
完成当初は「時代遅れ」と邪魔者扱いだったとか・・・・
絵を真に理解するのは難しいものなのですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 八重桜など 東御苑 賑やかなひとときでした >>