時の記念日

昔、天智10年(671年)4月、「漏刻」と呼ばれる水時計が完成し、鐘や鼓で
人々に時刻を知らせるようになった。その日を現在の暦に換算すると6月10に
当たることから、この日が時の記念日なった。時間の大切さを感じるようにと
大正9年(1920年)6月10日に「時の記念日」として制定されたそうです。

制定当時は腕時計など普及していなくて、まだまだ世の中の時間の観念は
乏しいものだったようです。「集会の時刻を守りましょう」とか「生活改善の
第一歩は時間励行から」といったキャンペーンが行われていたとか・・・・。

新聞に面白い記事がありました。
c0051107_100792.jpg

小学生への調査、「1時間をいくらで買うか」
平均金額が「409円」とはまたずい分安いこと。
2001年の同じ調査から3分の1に落ち込んだとは・・・・・・驚きです。
16年あまりで何かこんなに「時間の下落」をもたらしのでしょう?

いまの小学生は時間の観念がしっかりしていて、大切さもわかっている。
過去の調査よりむしろ「高値」になるのではないか・・・・?
もし答がわかっていなければこんな想像をしたでしょう。
世の中がめまぐるしく動き回り、人が時間に追いかけられていうような状況が、
この調査結果の「安値」に透けてみえるようでもあります。

さて、私なら、1時間をいくらで買うか・・・・・?
値段など思いもつかなくで、何となくうろたえています。
c0051107_11215598.gif

c0051107_11234222.jpg

c0051107_1124297.jpg

c0051107_11242176.jpg

by suirenn2 | 2016-06-10 11:25 | Comments(4)
Commented by おせっちゃん at 2016-06-12 15:59 x
時間を買う・・・大体この発想が湧きません。
ただ時の経つのの速いこと!
Commented by suirenn2 at 2016-06-13 10:57
おせっちゃん
おはようございます。
確かに発想自体にドギマギしてしまいますね。
6月ももう半ば、1年の半分近くが過ぎ去って・・・・
本当に時の経つ速さに驚くばかりです。
Commented by ブルーベリー at 2016-06-13 17:09 x
1時間409円とはびっくりですがそれ程大切な物とは思ってないのかも知れませんね。
誰かとお喋りしてたり何かをしてると時の経つのも速いのですが
家で一人閉じこもっていると1日が随分長く感じます。
今年も1年の半分近くが過ぎ去ってしまったのですね~

↓の節水のお話、そちらでは取水制限も出てるようですね。
最近の雨って降ると局部で豪雨と云う変な雨の降り方なのでそういう事になるのでしょうか。
何でも平均してと云うのが難しいようですね。
Commented by suirenn2 at 2016-06-14 10:14
ブルーベリーさん
おはようございます。
子どもには時間の価値はまだわからないでしょうね。
「時は金なり」というように大事なものとわかっていても
実際のところは時間を無駄にしてますね。
年齢的に人生の持ち時間はもう限られていると思うので、
大事に使わないといけない・・・・そうは思うのですがね。

昨日はだいぶ雨が降ったようです。
でも、ダムのある山の方は降らなかったとか、
ダムの水量はさらに落ち込んでいるみたいです。
局地的豪雨とか、雨の降り方も最近はなんだか変ですね。
気象全般のこと、何かおかしい?やはり、そんな気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 羽田空港で・・・ 節水しましょう >>