6月

c0051107_1029207.jpg

旧暦では「水無月」ですが、いまの私たちの感覚では、6月といえば「梅雨」でしょうか。
「梅雨晴れ」という言葉もあり、「梅雨の合間の一時的な晴れ」と思っていました。
ところが、もともとの意味は、「梅雨が明けて晴れること」、つまり「梅雨明け」のこと
だったそうです。

5月に読んだ本、自分の記録として・・・・
c0051107_10511615.jpg

「沙羅沙羅越え」は戦国時代、「美貌の女帝」は奈良時代の話です。
時代が隔たっていて、手当たり次第に読んでいるように思われるかもしれません。
けれども、私の頭のなかでは読む本はすべて繋がっていて、適当に選んで本を
買っているわけでもないのです。

本については、興味が注がれ買ってはみたものの「面白くない」・・・・・・
そんなことが何回もありました。それが最近は本選びが上手になったというか、
「当たり外れ」のハズレがなくなったようで大いに気をよくしています。
c0051107_1149938.jpg

c0051107_11494734.jpg

c0051107_1150367.jpg

by suirenn2 | 2016-06-01 11:51 | Comments(2)
Commented by フクちゃん at 2016-06-01 14:08 x
コメントありがとうございます
梅雨も近くなりましたね、季節だ゛家が進んでいるようです
私のコメントつまらないですが一応しておきますね
梅雨がきます、そして夏で゜すね
Commented by suirenn2 at 2016-06-02 10:24
フクちゃん
おはようございます。
梅雨になり、梅雨が明ければ夏・・・・・
過ごしにくい季節になりますね。
何より体調管理が大事です。
お互い気をつけましょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ちょっとお遊びなつぶやき 日本ダービーのこと >>