うるう秒

今年の歳時記にでもなるでしょうか。記念に載せておきましょう。
読売新聞の記事です。
c0051107_10452092.jpg

いまでは珍しいことでもないけれど、たった1秒、そのたった1秒が「わかる」って
凄いことですね。昔はどうだったのでしょう? 何か不都合があったのかどうか?

ふと、思い出しました。
田舎にいた小学生時代、時計が読めなくて父親から厳しく特訓されたこと・・・・。
起きればそれが朝、学校へ行くのも時計をみて時間を気にするようなこともなく、
学校が終われば放課後で、暮れてくれば夕方、暗くなれば夜。この程度の時間的な感覚で
何の不都合もなく暮らしていたように思います。

時計など必要がなかった。自分自身が時計みたいなものでした。
自分自身を時計にして、1日まったく時計など見ずに、テレビの時報なども無視して、
いま暮らせるものなのかどうか・・・・。
私みたいな殆ど暇人でも、多分、もう不可能なことでしょうね。

たった1秒でも正確さを求められる時代なのかと改めて驚きます。
「あっ、もう12時、お昼だ」、時計が教えてくれます。
c0051107_1221463.jpg

c0051107_1285536.jpg

c0051107_129720.jpg

c0051107_1292834.jpg

c0051107_1294669.jpg

c0051107_1210583.jpg

何の花でしょう?
c0051107_12111082.jpg

by suirenn2 | 2015-06-29 12:11 | Comments(10)
Commented by ブルーベリー at 2015-06-29 21:49 x
こんばんは~
この記事私も今朝新聞で読みました。
以前にも聞いてた事がありますがたったの一秒で不具合が起きる世の中なんですね。
我が家の電波時計もちゃんと修正されるのかな?なんて思ったり^^;
あまり時計に振り回される生活も困るのですが・・・。
今日はカラッとした青空で爽やかな1日でしたけど明日からは梅雨空のようですね。
尤も和歌山は降る予報でも意外に降らないのですよ。
Commented by おせっちゃん at 2015-06-30 07:46 x
たった一秒、長くなろうが、短かろうが・・・と思うのはごくごく平凡な生活をしている者。
この1秒が積み重なれば…とも思うし、列車の運行ダイヤなど一秒違えば衝突ということも起こるかも。たった一秒。されど一秒。時間を大事にしよう。
Commented by suirenn2 at 2015-06-30 10:26
ブルーベリーさん
おはようございます。
仕事をしていた頃は時間に追われるような生活でした。
その反動なのかいまはもう時間に時間に振り回されるのはイヤですね。
幸いのんびり暮せていますが、でも、これも考えもの・・・・?
「のんびり」と言えば聞こえは良いけれど、緊張感に欠けてメリハリがない。
生活にもきちんとした「時間割り」が必要なのかもしれませんね。

今日は曇り空です。
空気がひんやりしてじっとしていると手足が冷えてきます。
暑いのも困るけれど・・・・・「冷え」も身体にはよくないですよね。

Commented by suirenn2 at 2015-06-30 10:41
おせっちゃん
おはようございます。
たった1秒、でも、運動選手などそれで勝敗が決まる・・・・
1秒どころかもっと小刻みな数字ですものね。
たった1秒、されど1秒・・・・おっしゃる通りです。
もう人生の持ち時間が限られているのに、時間を無駄にしてはもったいないですね。
Commented by フクちゃん at 2015-06-30 10:47 x
たった数秒でも難しいものですね
テレビでも報道していました、コンピーターには問題がある道いですね
来月でも直接は関係ないようです
Commented by クリス at 2015-06-30 11:43 x
私もこの記事読んで、凄いな~と感心してました。
うちの電波時計の秒針、0秒のところで一呼吸とめるのかしら?
見届けたいですね~

子供の頃は時計を持っていなかったから、暗くなったから帰ろう~!そんな感じでしたよね。
今の子は、小さい頃から可愛い時計をつけてるわね。
その分自然に対する感性が失われていくような気がしますね。

この花↑、お近くで撮られたのですか~?
ジャカランダに似てませんか?
Commented by suirenn2 at 2015-07-01 09:15
フクちゃん
おはようございます。
たった1秒でも問題になることがあるのでしょうね。
我が家の時計など完全に正確かどうか・・・・?
1分位誤差があったりします。


Commented by suirenn2 at 2015-07-01 09:40
クリスさん
おはようございます。
1972年に始まり今回は26回目とありますから
ずい分前から行われていたのですね。
ただ、それでも歴史的には近年のことではありますね。
たった1秒を2時間かけて細かく挿入するとか・・・・凄い話ですね。

子どもの頃は、いってみれば「日時計」みたいなものだったかしらね?
中学生になって腕時計をするようになって嬉しかったですね。
それと、万年筆、この二つは特別のものとして思い出になってます。

なるほど、ジャカランタ・・・・ありがとうございます。
桐の花ではないかとも思い、でも、少し違うようでもあり・・・・
ほっそりしていたけれど、2階の屋根にも届く大きな木でした。

Commented by クリス at 2015-07-01 20:44 x
すいれんさん
ジャカランダのようですか?
このあたりでは、なかなか見られないお花のようですから、
お近くで見られるとは素敵です。
以前、オーストラリアのジャカランダ並木の写真を、
はらっぱさんに見せていただいたことがあります。
それはそれは見事な咲きっぷりで、素晴らしい光景でした。
Commented by suirenn2 at 2015-07-02 09:21
クリスさん
おはようございます。
そういえばはらっぱさんのジャカランダ、私もみせていただきました。
ジャカランダには「桐擬き」という別名もあるのでその仲間かなとも思うのですが?
確かに他では見かけない珍しいお花ですね。
近所の人が「きれいなお花でしょ」と寄ってきたので訊いてみたのですが、
その人も名前はわからないとのことでした。
疑問符として宿題にしておきましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夏越の大祓 卵の話 >>