見つけた!撮った1ワンダーランド  こどもの目線 写真展

今年も行ってきました。
毎年楽しみにしている「子どもの目線、写真展」です。
c0051107_991628.jpg

読売新聞の写真部記者が教える出前授業で、子どもたちが撮影し、短いエッセーを添えた
写真で、昨年度の参加した小中学生の作品約1100点が展示されているとのこと。

タイトル通りに、とにかく、「子どもの目線」が素晴らしい!
添えられた短いエッセーがまたそれぞれに新鮮で、日常の何気ない情景にも「発見」があり、
写真がいきいきとして輝いています。
c0051107_9322086.jpg

「一人じゃない」「月は太陽」・・・・・
私も同じような情景に出会って、写真を撮るかもかもしれない。
けれども、これほど深い目線で向き合うことができるでしょうか?
c0051107_9503534.jpg

「すき間のハート」には・・・・
   様々な形の石がみんな一緒に集まっていました。長い時間を共にしてきた仲間です。
   みんなのすき間をうめるのは絆のハートです・・・・・とありました。

ゆっくりみてまわったので時間がかかりました。
それでも、疲れるどころか、まだまだ見足りないくらい・・・・
爽やかな感動をいっぱいもらったひとときでした。

日比谷公園ではビール祭りです、去年も確かそうだった・・・・。
噴水広場のまわりはもう大変な人出、ビールを飲みながら盛り上がっていました。
c0051107_10251188.jpg

c0051107_10404858.jpg

c0051107_1041949.jpg

c0051107_10491053.jpg

c0051107_10492990.jpg

by suirenn2 | 2015-05-25 10:51 | Comments(8)
Commented by おせっちゃん at 2015-05-25 15:54 x
子どもは詩人と言いますけれど、なんという素晴らしい感性なのでしょう。
目線も素晴らしい。脱帽です。
Commented by ピメント at 2015-05-25 20:59 x
なんと素晴らしいすいれんさんの行動力!
こどもの目線の写真に感動できるというのは、すいれんさんにこどもの心が残っている
からではないでしょうか?

それを毎年忘れないで行かれるすいれんさんってすごい!
私はきっと忘れてしまうだろうし、もしその宣伝がのっていても見落としてしまうでしょう。

いつまでもその好奇心ご健在で、私たちに素晴らしい記事を見せてください。
Commented by suirenn2 at 2015-05-26 09:02
おせっちゃん
おはようございます。
目の保養どころか身も心も洗われるようでした。
どの写真も明るく素直で目線が優しいのですね。
写真を撮ることによって子ども自身も気づくことが多いでしょうね。
その意味でも「出前授業」は素晴らしいことと思います。
Commented by suirenn2 at 2015-05-26 09:29
ピメントさん
おはようございます。
物好きで自分でも写真を撮っているだけにいろいろ伝わってくる・・・
それが心地良いというか面白いというか、みていて飽きないですね。
一眼レフカメラを貸し出しての授業だそうですが、
写真もよく撮れていて上手です。
私も少しは見習って・・・・と思うけれど、つい欲が先に出て
「うまく撮ろう」とか「きれいにみせよう」とかでダメですね。
Commented by 松風 at 2015-05-26 11:55 x
恐れずに躊躇いなく写す子どもの写真は鋭いでしょうね
昨年も見せていただいたことを思い出しました。

日比谷公園のビール祭り、
すいれんさん、たしかビール党でしたよね、
たくさんたくさん試飲されたのでしょう?
これからの時期の生ビールは格別ですね。
つまみによっては一人嗜むこともあるのですよ。

Commented by suirenn2 at 2015-05-27 08:38
松風さん
おはようございます。
この写真展も私にはすっかり恒例になりました。
子ども達の感性の豊かさに驚きます。
写真も上手で、何より写真がいきいきしています。

ビールは・・・・私は遠慮しましたわ~。
殆ど若い人達で、雰囲気だけでホロ酔いになりそうでしたよ。
急にこうも暑くなると、ぐいっといっぱいやりたくなりますね。
それにしても、まだ5月というのに、春はどこへ行ってしまったのでしょう?


Commented by Dai at 2015-05-27 10:15 x
小中学生の自由な発想 被写体に向かっていく力強さ
数枚のお写真を拝見しただけでも わぁ~見てみたい!と思いますね。
すべての写真にエッセーが載っているわけではなさそうですが 言葉にぐっと来てしまいました。
私もカメラを向ける時に 構図ぐらいは考えてもやみくもにシャッターを押している所がありますので
小学生に交じって教えて頂きたいぐらいだわ。(*^_^*)
↓父と最後に出かけた場所は やはり空港、温泉もいいけれど無心になれる貴重な場所だと思っています。
(^.^)/~~~
Commented by suirenn2 at 2015-05-28 09:28
Daiさん
おはようございます。
1日は講義をして、その後1週間ほどカメラを貸し出して撮ってもらう・・・
多分、子どもたちはいろいろ撮るのでしょうね。
その中から選びぬかれたものなのでしょうが、それにしても見事です。
エッセーは総ての写真についているのですが、これがドキッとするものばかり、
子どもの目線は新鮮で驚きます。
私も少しはその気になって撮らないといけませんですね~。

空港、お父様との思い出の場所なのですね。
ほんとに無心になれるところなんですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 腹が立った! 羽田空港 ターミナル開館 60周年 >>