江戸のエスプリ 判じ絵

c0051107_9254329.jpg

擬人化されたカエルの真剣な表情に思わず噴き出してしまいそうになる絵だが、
実は「茶を点てるガマガエル」で「茶釜」を表している。
浮世絵の一種である判じ絵は、ダジャレなどユーモアを効かせた「絵で見るなぞなぞ」。
たとえば、「川の中を走る人」で「掛川」、「ら」が10個で「虎」といった具合だ。
遊び心あふれるこれらの版画は廉価で、江戸時代の庶民に親しまれた。
(中略)・・・・判じ絵を楽しむ文化は、絵による案内表示「ピクトグラム」の発明、
メールでの絵文字の多用など、現代日本へのつながりを意識させる。ー読売新聞記事よりー

面白そうなので早速本を注文しました。
岩崎均史著 「いろは判じ絵」 青幻舎 1500円。

c0051107_9501920.jpg

先ずはご覧ください。
私でも分かりやすかった絵をピックアップしてみました。
c0051107_1084735.jpg

c0051107_1092938.jpg
c0051107_109589.jpg

c0051107_10103165.jpg

少し難しくなってきました。
c0051107_10121267.jpg

これは、もっと難しいかな?
c0051107_10141884.jpg

大体どんなものかわかりましたよね?
それでは、これは、どうでしょう?
c0051107_10173172.jpg

そう、「雀」と「カマキリ」です。
「鈴」に「目」で「雀」、「釜」を「切る」で「カマキリ」・・・・

もう大丈夫、すぐわかりますよね?
c0051107_10303281.jpg


「江戸庶民と知恵比べ」「江戸の遊び心に挑戦」・・・・
本には500問もの「なぞ解き絵」が載っているのですが、難問、珍問があって
江戸庶民には勝てそうにありません。
庶民が持ち合わせていたらしい「くだらないものを楽しむ感覚」に驚くばかりです。

下の絵の答は・・・・・「鈴虫」「虫かご」です。
by suirenn2 | 2014-07-03 11:10 | Comments(8)
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-07-03 11:51
はは
これは面白い。
雨に降られてこもっている私には
笑いの種になりました。
有難う。
今日もスマイル
Commented by Dai at 2014-07-04 06:29 x
おはようございます~
雨の中の散歩でしたが 蒸しますね。
こんな雨も嫌いではないのですが ムンムンはいやだわね~~

燕さん 頑張ってますね。
こちらでは相変わらず見られませんで 今年も観察できそうにありません。
以前あった巣も 見事になくなっていました。
スイレンさん 巣立ちに立ち会えるといいですね。
親燕の心境になったりしてね。元気で飛び立っていってほしいですね。
父がなくなり実家に行く回数がぐっと減って 坊やにも合わずじまいですので
なんだかお会いできて嬉しかったです、また載せて下さい~
(@^^)/~~~
Commented by suirenn2 at 2014-07-04 10:24
kawazukiyoshiさん
おはようございます。
面白いですね。
江戸庶民の遊び心に感心します。
余裕というか大らかさがないと「戯作」というようなものも
楽しめないでしょうね。

Commented by suirenn2 at 2014-07-04 10:42
Daiさん
おはようございます。
ムシムシ、ムンムン・・・・・いやですね~。
ちょっと歩いただけで身体がじわ~としてきます。

ツバメ、今年は来るのが少し遅かったような・・・・?
来ないと思っていた巣に来ていて驚くやら、嬉しいやら、ほっとしました。
年々環境が厳しくなっているようですから、来年、再来年とどうなりますかね。

坊やは衣装が楽しみです。
作っていらっしゃる方のお気持ちがほんわかと伝わってきて・・・
最初の頃は写真を捕るのも恥ずかしかったのね~、
でも、今はすっかり慣れて平気になってきましたよ。


Commented by おせっちゃん at 2014-07-04 17:21 x
まあ、楽しませていただきました。言葉遊び、面白いですね。
こうした言葉の遊びはたとえば英語などでもできるのでしょうか。
学生時代、落語が好きで、おちの洒落を教えてくれたじいじフレンドと
授業中面白い言葉遊びができると、教師の目を盗んでメモ帳を回して遊んだのを思い出したりしました。
Commented by はっちゃん at 2014-07-04 20:01 x
判じ絵、面白いですね(^_-)-☆
パソコンゲームに夢中になるように・・・当てっこして楽しんでいたのかしら?
私は鈍いから・・・わかるかな?と思いながら・・・
このくらいなら、何とかなりそうだわ(笑)
謎解き絵、面白く、拝見しました(^_-)-☆
Commented by suirenn2 at 2014-07-05 09:59
おせっちゃん
おはようございます。
絵を見ていると落語の笑いにも通じるところがありますね。
落語のオチにもなるような可笑しさがありますよね。
明治になってこうした絵は「くだらない」ということで
庶民の目に届かなくなってしまったようです。
それも・・・・時代の流れというか、空気が伝わってくる話では
ありますね。


Commented by suirenn2 at 2014-07-05 10:15
はっちゃん
おはようございます。
有名な浮世絵師が掻いた絵もあるようです。
浮世絵が庶民にも身近なものだったのですね。
当てっこして、ちょっと難しいのがわかったりすると
得意になったり・・・・落語の長屋の様子が浮かんできますね。
「ガマガエル」など理屈抜きに絵自体が愉快ですよね。
描く側の発想も凄いと思いますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 読 書 ツバメとともに迎えた7月 >>