下町ボブスレー

大田区の中小企業が中心となり、国産初のボブスレー(ソリ)を制作し、
1年後の冬季ソチ五輪で滑走する“夢”に挑んでいる、その名は「下町ボブスレー」・・・
こんな新聞記事を目にしました。
c0051107_11251665.jpg


試作機1号はすでに完成し、現在は2号機の制作に入っているようです。
「6月、試作機2号の設計図完成」「7~8月、部品調達」「9月、試作機2号完成」
「10月~、繰り返しテスト走行」の段取りとか・・・・・。
ボブスレーのボディの部分はレーシングカー関連企業に依頼し、骨組の部品設計、製造、
組み立ては大田区の町工場が担うそうです。

氷上のF1ともいわれるあのボブスレーの製造費用は、1台3000万円もかかるのですね。
外国ではその国の自動車メーカーが協力しているそうです。
例えば、ドイツならBMW、イタリアはフェラーリというように・・・・。

これまで日本チームは中古の外国製のものを使っていたようです。
国産初の試みでは選手も設計の段階から参加し、実際に試乗して調整などすぐに理解して
もらえるので、選手の期待も大きいそうです。
ソチ五輪の日本チームに採用されることはまだ決まっていないそうですが、大田区の高い技術力は、外国製にヒケをとらない見事なボブスレーを完成させてくれるでしょう。

資金が殆どないので、金属部品など無償提供もあったとか・・・・
普通なら150万もかかる仕事を手弁当で、若い技術者が意気込んで取り組んでいるという。
町工場の技術と心意気がつまった「下町ボブスレー」、大田区、頑張れ、町工場の皆さん、
応援しています。
c0051107_11283987.jpg

c0051107_1133367.jpg

c0051107_11331813.jpg

c0051107_11431212.jpg

c0051107_1145791.jpg

c0051107_1146266.jpg

c0051107_11344590.jpg

c0051107_11345980.jpg

c0051107_11351544.jpg

c0051107_11353163.jpg

by suirenn2 | 2013-03-08 11:47 | Comments(2)
Commented by フクちゃん at 2013-03-08 14:58 x
夢がありますね
日本のトヨタは手伝わないのでしょうか、素晴らしい技術で勝ち取ってほしいですね、頑張ってほしいです
Commented by suirenn2 at 2013-03-09 09:21
フクちゃん
おはようございます。
ボブスレーの刃の部分は風力発電や航空機産業の技術に
通じるものなのだそうです。
将来大田区の中小企業がそういう分野にも進出していけるように
技術向上を目指しているのですね。
大手の下請けというだけではこれからは生き残れませんものね。
ほんと、頑張ってほしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ほかぽか陽気 お茶の水駅周辺 >>