テレビドラマ

朝ドラの「梅ちゃん先生」が終わりました。
けっこう楽しく見ていたのですよ。
戦後の時代、「こんな時代があったな~」と懐かしく思い出したりして・・・・。
私が住む大田区が舞台、私がこの地に越してきたのが昭和26年でしたから、
町工場の様子などから当時の空気感のようなものが伝わってきました。

昨夜放送のあった「負けて、勝つ」も興味深く見ています。
渡辺兼さんの吉田茂、迫力がありますね。
いまちょうど城山三郎の「落日燃ゆ」を読んでいるのですが、この本の主人公は広田弘毅、
外務省では吉田茂と同期で、二人とも外交官から総理大臣になった人です。
けれども、時代が運命をわけたとでもいいましょうか、広田弘毅は東京裁判で絞首刑を宣告され、A級戦犯のうちただ一人の文官として処刑されました。
広田の処刑の報に吉田茂が慟哭する場面が印象的でした。

やはりNHKのドラマ「つるかめ助産院」も見ています。
登場人物の多くが善男善女といったところが見ていて心地良い・・・・
見ていて重苦しくなるような深刻なドラマはもう避けるようになりました。
その意味で、先日、前篇後篇2回にわたって放送された「ドロクター」も、
終末期医療や在宅医療といった重いテーマを扱っていながら爽やかに描かれていて、
感動的な見応えのあるドラマでした。

一方、期待していた「平清盛」は、私のとらえ方が悪いのか、何だか消化不良・・・・
期待していただけに自分でも残念な気持ちです。

それにしても、「テレビはあまり見ない」とか言いながら、けっこう見てるじゃん!
c0051107_113531100.jpg

毎年のように撮っているのですが、名前がわからない。
c0051107_11364214.jpg

c0051107_1137098.jpg

c0051107_11372944.jpg

c0051107_11374579.jpg

c0051107_11384846.jpg

c0051107_1139814.jpg

c0051107_11393683.jpg

c0051107_11404566.jpg

c0051107_11411299.jpg

数日前、ipadで撮ってみました。
カメラよりも撮れるというか、写るというか・・・・
ベランダでみた多摩川の花火、ipadで試してみればよかったとちょっと後悔です。
c0051107_1144323.jpg

by suirenn2 | 2012-09-30 11:49 | Comments(6)
Commented by 松風 at 2012-09-30 16:31 x
こんにちは~。
テレビはあまり見ないのですが、
挙げられた三本のドラマはテレビ版にチェックしながら見ていました。
それでも、梅ちゃん先生は見落とすことがあって、
見たのは後半だけですが。
私よりたった五年ほど先輩の女性たちが、
悪い環境の中で頑張っていたのかと改めて感心します。

広田弘毅が処刑されたとき、
父は「敗戦とはむごいものだ」と一言申しました。
謙さんの吉田茂はカッコよすぎません?笑

つるかめ助産院はしっかりと見ています。
マリアがいいですね。

満月がよく撮れましたね、私は全滅でした。
ところで、
>けっこう見てるじゃん!<
東京でも「じゃん」言葉を使うのですね。
娘が大学生のころ、同郷の人との話で「じゃん」が出た時
笑われたと不思議がっていました。


Commented by はっちゃん at 2012-09-30 17:20 x
9月の最終日、東京にも台風が来そうですね。
水やりしなくて良さそう、なんて、何となく、のんきに構えていますが~~、大丈夫かな?
何事も無く、過ぎてくれると良いけど。

 
<それにしても、「テレビはあまり見ない」とか言いながら、けっこう見てるじゃん!>
ふふっ! 私も「テレビはあまり見ない」と、思っているけど・・・
一人でいると、じっと見ていなくても、ついテレビ(NHK)付けてしまいます。
すいれんさんはしっかりと考えて見ているようだから、意義がありますね。
「平清盛」、確かに何となく消化不良。
朝のドラマは毎回選ばず、何となく。
「つるかめ助産院」面白くて、見たいのに、絵の教室とぶつかって、各週でしか見れない。
「まけて勝つ」 見過ごしています。   (^_-)-☆
Commented by ブルーベリー at 2012-10-01 00:13 x
今の時間台風はもう通り過ぎて行きましたか?
かなりのスピードでしたので暴風雨ではありましたけど短時間だったので
特に被害もなかったです。

テレビ私も以前はあまり見なかったのですがこちらへ来てからは時間があり過ぎて良く見てますね~
見たいものは録画予約してるのでかなり溜まっています^^;
朝ドラは何となく習慣で観てるような感じです。
でも最終回の「上を向いて歩こう」の歌を聞いてるとやはり涙が出てしまいました^^;
「ドロクター」も観ましたよ。
「つるかめ助産院」も観ています。

ipadも使いこなされてますね。
十五夜は残念ながら見れませんでした。
Commented by suirenn2 at 2012-10-01 09:58
松風さん
おはようございます。
テレビを買う、買わないで大騒ぎになる、そんな時代があったのですね。
自分が過ごした時代だから実感としてよくわかりますね。
家の方には女医さんがいらっして、当時、女性の町医者は
まだ珍しいことで、ドラマを見ながらその先生のことが浮かんできました。
いま私がお世話になっている主治医の先代の先生です。

広田弘毅といっても、すぐにわかる人はもういないかもしれませんね。
学生時代に学校の図書室で東京裁判の記録を読んで、
「戦勝国が敗戦国を裁けるのだろうか」と思ったものでした。

「じゃん」というより「~じゃ」という言い方でしょうかね。
土地言葉というか、昔はかなり特徴的な言い方でしたね。
埼玉から越してきた時、子どもながら驚いたものでした。
埼玉では使ってない言い方でしたものね。

Commented by suirenn2 at 2012-10-01 10:29
はっちゃん
おはようございます。
風、雨ともにたいしたことがなくてほっとしました。
速く通り過ぎてくれたので夜も眠れて、ほんとに、ホッです。
でも、被害にあわれた方もいるでしょうし、お察ししますね。

そうなのね、「あまり見てない」とか言いながら、見てるんだわ~。
あまり外出もしないで一日中殆どテレビを見てる・・・・・
そういう例もあるようですが、そうはなりたくないわね~。
でも、時間はたっぷりあるし、面白い番組があれば、
それはそれで楽しみにはなるでしょうね。

お庭の花達、大丈夫でしたか?
台風ともなればお花のことが一番心配でしょう?
あっ、そうそう、韓国旅行だったのね。
あとで楽しみに寄らせてもらいますね。

Commented by suirenn2 at 2012-10-01 10:53
ブルーベリーさん
おはようございます。
台風、何事もなくてよかったですね。
そちらの方、間近な通り道のようだったので気になっていました。
こちらも思ったほどではなく、怖いと感じることもなかったです。

テレビも面白い番組は生活の彩りにはなりますわね。
何しろ時間がたっぷりあるわけですから・・・・。

ドラマを見ていると役者さんの存在感、これが大きいと思いますね。
「ドロクター」でのイッセー尾形さん、桜を観る場面など、
終末期医療のテーマそのものを表現しきっていましたものね。
「つるかめ・・・」での伊東四朗さんも存在感がありますね。

ipadはまだまだ使いこなせなくて・・・・・
風景写真などたっぷり感が出て面白そうなのですがね。
カメラとはまた違った感じがするんですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 台風一過 台風がきてますね~ >>