空の旅が楽しくなりそう・・・・

面白い本でした。
羽田空港の本屋さんにあったのですが、興味深く2冊ともいっきに読んでしまいました。
題名の通りJALの機長さんならではのちょっとしたお話です。
c0051107_16204429.jpg

例えば、夜間の離陸時には、旅客機が安全に飛行できる高度に達するまで、また、着陸時には、最終の着陸態勢に入ってから旅客機が駐機場に停止するまで、機内の明かりを消して暗くする。これは、暗さに目を慣らしておくため・・・・・・人間の目は、明るいところから急に暗いところへ変わった場合、すぐには慣れないので、万が一旅客機にトラブルが生じたときにすぐに緊急脱出などの行動がとれるように目を慣らせておくためなのですね。

また、例えば、旅客機には通常機長と副操縦士が乗り込んでいるそうですが、食事をとらなければならない場合もある。メニューは二通り用意され、機長と副操縦士は別々のメニューを食べるように規則で定められているそうです。万が一食事が原因でお腹をこわすなどトラブルを考えてのことなのですね。メニューは、国際線ではカレーライスやオムライス、国内線ではお弁当など、いずれにしても短時間で食べられるものだそうです。勿論、操縦に支障がでないように、機長と副操縦士は時間をずらして食事する。しかも、なるべく素早く摂る。それで、普段でもつい早食いの習慣がついてしまうとか・・・・・。

例えば、さらに、機内ではお酒の酔いがまわりやすいといった話。
飛行機の機内は「与圧」というシステムで気圧を調整している。高度1万メートルの場合、外気はおよそ0・2気圧で、とても人間のいられる気圧でなない。そこで、快適に過ごせるように機内に圧縮空気をおくりこみ、およそ0・8気圧になるようにしている。地上との気圧差は約20%、標高2000メートルくらいにいるのと同じ環境だそうです。地上に較べればやはり酸素濃度は低いわけですね。結局、血液中の酸素量が減り、アルコールの処理能力が低下してお酒が効いてしまう。

・・・・・・と、ま~、機体やエンジンのこと、気象のこと、空港のことなど、それぞれ短い文章ながらわかりやすく面白く綴られていて楽しく読める本でした。
c0051107_17452827.jpg

c0051107_1750513.jpg

c0051107_17502896.jpg

c0051107_1750492.jpg

c0051107_1751753.jpg

c0051107_17523785.jpg

c0051107_17525377.jpg

c0051107_1755223.jpg

c0051107_17553811.jpg

by suirenn2 | 2012-09-07 08:30 | Comments(10)
Commented by 松風 at 2012-09-06 19:54 x
こんばんは~。
まあ~、面白そうな本は、
息子の職業に関わっていますので、読んでみたいですね。
この母は子供の仕事が何もわからないのですよ。

イヌタデがもう見られるのですね。
ヒネムはこれから咲くのでしょうか、珍しいお写真を見せていただいて
殊の外厳しい残暑の中でも、季節は移り変わっていることを感じます。
Commented by フクちゃん at 2012-09-07 06:40 x
面白そうな本ですね
普段判らないこと書いてあるのですね
大変な命をあづかッているのですものね、気を使っているのはよくわかります
Commented by sasakikey at 2012-09-07 08:52 x
スイレン様
しばらくご無沙汰しました。
機長さんのコックピット日記の抜粋、面白く読ませていただきました。
私も読んでみたくなりました。
お花も素敵ですね。ショウジョウソウ、やピネム初めて見ました。
Commented by suirenn2 at 2012-09-07 09:34
松風さん
おはようございます。
息子さんのお仕事も関係あるのですか。
素人でもわかりやすく、読みやすいので面白かったですよ。
「つい早食いになってしまう」、職業病でしょうかね?

まだあまり歩いていないので写真も撮れていません。
そう、ヒネムはこれから咲くんですね。
咲こうとしてしっかり伸びている姿が初々しいですね。

Commented by suirenn2 at 2012-09-07 09:53
フクちゃん
おはようございます。
飛行機好きというか、飛行機を眺めているのが好きなので
私には読み応えのある本でした。
「雲ひとつない青空」というのはパイロットにはもっとも厄介なこと、雲がある方が気象を判断しやすいのですね。
レーダーがあるといっても目視が重要なのですね。

Commented by suirenn2 at 2012-09-07 10:02
ササさん
おはようございます。
わかりやすくすらすら読めるので面白かったですよ。
専門職のちょっとしたエピソードは面白いものですね。

ショウジョウソウは珍しいでしょうかね。
散歩道でもある一軒のお宅で見られるだけです。
「初雪草」や「ポインセチア」の仲間だそうですね。
Commented by semineo at 2012-09-07 17:41
こんにちは
機長さんならでは裏話?でしょうか。
読みたくなりますね。
食事も別メニュー・・・なるほど、私達の知らない所で、
事故のないように工夫がなされているのですね。

そう・そう深夜便のこころのエッセーも読みましたよ。
皆さんの胸にしまった思い出にホロリしました。
Commented by pcvhirose at 2012-09-07 18:35
今晩は。
機長と副操縦士の話しですが、色んな苦労があるのですね。
皆さんそれぞれ工夫しておられるのが良く分かりました。
花の写真奇麗に撮っておられますね。
Commented by suirenn2 at 2012-09-08 09:32
semineoさん
おはようございます。
中学生の頃。初めて飛行機をみたときに、
「私も一度は乗ってみたい」と思ったものでしたが、
いまでは笑い話になってしまいますね。
国内線などもう電車並み、まさに「空の足」になってますね。

「心のエッセー」、あんな時代があったのですよね~。
ほんと、胸いっぱい、ホロリとしまいますね。

Commented by suirenn2 at 2012-09-08 09:43
pcvhiroseさん
おはようございます。
いまの飛行機はハイテクでレーダーで飛んでいる・・・・・
それでも雲や風から絶えず気流の状態など目視されているのですね。
また乗ってみたくなりました。

写真のこと、ありがとうございます。
まだあまり撮れていなくて在庫切れ状態です。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< この魚には骨がある・・・・ 一休さん こんなお顔だったのね~ >>