針供養 ~ 浅草寺 淡島堂

c0051107_9485642.jpg

針供養の日には、一般には淡島神社に参拝し、針への感謝と裁縫上達の祈りを込めて、
やわらかい豆腐や蒟蒻に古針・折れた針を刺して供養することが行われる・・・・・
ただこの祀り方も地方によって様々で、行事日も一律ではないようです。
c0051107_9494586.jpg

c0051107_950340.jpg


関東~東北地方や、九州の一部では2月8日に、関西以西では12月8日とするところが
多いとか・・・・。この両日はそれぞれ「物忌みの日」とされ、共に忌み慎む日として
針仕事を休んだことから、その派生として針供養の風習が生まれたようです。
歴史的には、江戸時代の淡島願人(あわしまがんじん)という人が、女性の病を癒し、
女性の持つ苦しみを救済することを説かれて、針供養の発展に大きな影響を与えたとか・・・・。
c0051107_9532463.jpg

c0051107_9562463.jpg


浅草寺の淡島堂の場合、古くは漁師さんが持ち寄る釣り針もあったそうです。
現在は、和服裁縫関係の方々が中心になって呼びかけを行い、針仕事の関係者は勿論のこと、
浅草寺病院からも新品の注射針を持ち寄って供養しているそうです。
c0051107_1010419.jpg


淡島堂では供養の法要が営まれ、その後に法話もあったのですが、もう人がいっぱいで
中には入れませんでした。
でも、マイクを通して外にも聞こえるのでお堂のそばで法話を聞き、人が空いたところで
お参りをしてきました。

浅草寺境内の一角でひっそりと桜が咲いていました。
c0051107_10365374.jpg

c0051107_10371031.jpg

by suirenn2 | 2012-02-09 10:39 | Comments(11)
Commented by フクちゃん at 2012-02-09 11:32 x
今の時た米でも針供養はあるのですね
余り針を使う人は見かけませんかこうして供養するのも何か歴史を感じますね
Commented by sasakikey at 2012-02-09 19:54
すいれん様
針供養があることは知っていましたが、こんなふうに(お豆腐に
針を刺して)供養するとは初めてです。今はあまり針を使うことが、少なくなりましたが、大切なことですよね。
浅草寺ではもう桜が咲いているのですね。きれいです。
Commented by semineo at 2012-02-09 23:12
こんばんは
針供養、やはり供養に来られる方は和服の方が多いですね。
和裁は姑に習っていましたが、亡くなってからは針を持つ事もなくなりましたね。
日本らしい行事で、針を持つ人にとっては感謝の日ですね。

浅草寺の桜、綺麗~!桜の季節が待たれますね。
Commented by suirenn2 at 2012-02-10 09:16
フクちゃん
おはようございます。
針みたいな小さなものでも「心がある」と思って供養する・・・・
日本人にはそういうところがあると法話でそういう話がありました。
ち~んち~んと鐘を鳴らしながらの御詠歌が印象的でした。
初めてでしたが中々興味深いものでしたよ。
Commented by suirenn2 at 2012-02-10 09:26
ササさん
おはようございます。
お豆腐は30丁分の大きさですって・・・・・・
艶々して滑らかな感じで、絹豆腐ですかね~?
針仕事は昔は女性にとっては必須のことでしたね。
私は大の苦手ですが、それでも子どもが小さい時は洋服なとつくったものでした。
針供養は女性の暮らしをいろいろ考えさせられますね。
Commented by suirenn2 at 2012-02-10 09:44
semineoさん
おはようございます。
そうなんです、和服の方が大勢いらっして華やかでした。
単なるイベントくらいに思っていましたが、法要も盛大に営まれて
厳粛なものなのですね。
昔の女性は家事だけでも一日中大仕事だった・・・・・
私達の母親の代はまだそうでしたよね。
針の山を見ていると女性の性格の苦労も浮かんでくるようでした。
Commented by 松風 at 2012-02-10 15:58 x
厳粛な針供養が行われるのですね。
この日が物忌みの日になるとは、思いませんでした。
和服姿が日本の行事にふさわしく華やかですね。
子育てをしながら、針仕事で生計を立てた戦争未亡人がいました。

最近でこそ針を持つことが少なくなりましたが、
かってはずいぶんお世話になった針です。
一度浅草寺の針供養に行ってみたいと思いますが、
近くの鎌倉絵柄天神でさえいかれないでいます。
Commented by suirenn2 at 2012-02-11 08:52
松風さん
おはようございます。
針供養、私も初めての体験でした。
昔からのこういう行事には生活感があっていいものですね。
戦後の苦しい時代に和裁や洋裁で生計を支えた・・・・・・
そういう話って身のまわりにけっこうありましたよね。

私は、針仕事は、雑巾1枚縫うのもイヤでした。
いちおう裁縫箱はありますが、戸棚のどこかに入ったきりですね~。
ボタンがとれそうになった時に仕方なく針を持つくらいですわ~。
でも、針に糸を通すだけで悪戦苦闘です。

Commented by dekomama at 2012-02-11 10:59 x
おはようございます。

針供養いい日に浅草に行かれたのですね。
それにしても針に関わる仕事をしている人が多いですね。
和服裁縫関係者ばかりではないと、改めて思いました。
私も1年中針と友達です。
お世話になった使えない針は箱に入れて在りますが、次の針供養には収めることにします。
掲載 有難う御座います~~

Commented by suirenn2 at 2012-02-13 08:23
dekomamaさん
おはようございます。
針1本でもこうして供養する・・・・その心持ちがいいですね。
日本人の素朴さというか優しさを感じます。
和裁や洋裁だけでなく、パッチワークや刺繍で今でも
針を使う人は多いのでしょうね。
着物姿の方が大勢いらっして華やかな雰囲気でした。
それと・・・・私には御詠歌がとても懐かしい感じぢた。
子どもの頃聴いたのが耳にのこっていたのでしょうね。


Commented at 2012-06-07 19:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 雑談 清盛 トンチンカンで・・・・ 青葉の笛 >>