畑 海 灯台

快晴で爽やかな秋晴れ・・・・・・・
ふと、何となく海が見たい気分で「そうだ、海を見に行こう!」
もう家を飛び出して電車に乗っていました。昨日のことです。

さて、どこの海に・・・・・?
あれこれ思い巡らせているうちに「そうだ、灯台も見よう!」
結局、着いた先は「三浦海岸」、そこからバスに乗って「剱崎」辺りの散策になりました。

灯台を見たいと思ったのには理由がありました。
今は亡き直木賞作家立原正秋に「剣ケ崎」という作品があります。
硬質の文体、身が引きしますような透徹した内容で、読んだ時の感動が
今でも鮮やかに甦ってくるようです。
剣ケ崎の灯台は小説の中で重要な舞台となっていて、読後は「行ってみたい」
「見てみたいと」一種憧れのようになっていました。
でも、長い年月のなかで記憶も薄れがちだったのですが、それが不意に脳裏を過り、
何十年振りかの夢の実現になりました。

三浦半島といえば「三浦大根」の一大生産地・・・・
市街を抜けるともう辺り一面の大根畑です。
大根はまだほんの少し葉を伸ばした程度で、保護のために
シートで覆われている畑が目立ちます。
それでも先日の台風で伸びかけた葉が折れてしまい、植え直している・・・・・
そんな畑もありました。

何でもない唯の大根畑ですが、都会で暮らす私には絶景です。
c0051107_13413092.jpg

c0051107_13421197.jpg

c0051107_13441187.jpg


穏やかに晴れ渡った海は風もなく、どこまでも青く、打ち寄せる波の音が心地よくきこえました。
この辺りの海岸は岩場続きで、「岩礁の道」としてハイキングコースになっています。
c0051107_1352477.jpg

c0051107_13523197.jpg

c0051107_13525525.jpg

c0051107_13535064.jpg

c0051107_1435187.jpg

c0051107_14353178.jpg

ススキが揺れ木々が茂った道をのぼって行くと灯台です。
そんなに大きくもなく、広くもないところにぽつんとひっそりと立っている感じでした。
上空ではトンビがヒョ~ロと鳴きながら旋回していて、真っ白な灯台ともども
吸い込まれそうな青さでした。
c0051107_1412426.jpg

c0051107_14122651.jpg

c0051107_14125598.jpg

c0051107_14131749.jpg

c0051107_1417886.jpg

by suirenn2 | 2009-10-12 14:20 | Comments(14)
Commented by フクちゃん at 2009-10-12 19:15 x
三浦半島もう何十年前のことでしょう
沢山の写真見せていただきました、綺麗ですね
釣をしたくなれました
Commented by suirenn2 at 2009-10-12 21:23
フクちゃん
釣りをしている人、いっぱいいました。
帰りのバスでは何人かの釣り人も一緒でした。
けっこう釣れたような話をしていましね。
灯台のあたりはそんなでもなかったのですが、海の方は
家族連れなど人が出ていました。
1時間に2本くらいしかバスがないので、それが不便ですね。
Commented by 松風 at 2009-10-13 10:47 x
よく遠くまでお出かけになりましたね。
私も目が覚めて、思いついたことをする人間ですから、お気持ちがよく解ります。

三浦は親戚がいて時々出かけますが、しばらくご無沙汰していますの
で、懐かしいお写真を見せていただきました。
海がきれいだったでしょう。本当に深呼吸したくなりますね。
風が強い日は、大根畑の土埃が大変なんですよ。

小説「剣崎」は読んでいませんが、荒崎、城ヶ島など見所がたくさんあり、小説の舞台にもなっていますね。

三浦海岸は湘南とは一味違うのどかな海ですね。
よく晴れた日には、こちらの海岸からから三浦半島が望めます。
Commented by Dai at 2009-10-13 15:06 x
すいれんさん~
今、ブログアップして伺ったら…同じ所へ1日違いですが行っていたのですね。
私は12日、何の予定も立てずに海を見に行こうと思って出かけたのですよ 房総よりも三浦半島がいいかな~と。
岩礁の散歩道をテレビで放映されていた事を思い出したのですが あまり時間がなく 行き当たりばったりでついたところが白秋記念館。
やはり下準備をきちんとして 見どころチェックしてから出かけた方が効率よく回れると 反省しきりでした。
野菜直売所も 通り過ぎてから気がつくありさまでしたが大根畑は広々としていて あの中を歩いてみたいと思いましたね。
灯台も行ってみたかったです。
ほんの一部しか回れなかったけれど やはり海はいいですね~ズケ丼も美味しかったですよ。
(@^^)/~~~
Commented by koto at 2009-10-13 18:20 x
大根畑・・・こんな、すか~~とした風景大好きです。
今日は丸い大根を農家のおばあちゃんから、買いました。
私は何時になったら、海など、見ることが出来るのでしょう!
Commented by suirenn2 at 2009-10-13 20:21
松風さん
本当はよく下調べをして時間配分なども考えて出かけるといいのでしょううが、私はそれがどうも苦手で・・・・・・・。
ただ、まったく無鉄砲というのでもなく、いちおう頭の中にそれなりのイメージはあります。
それに何よりその日の天候が決定的に作用しますね。

三浦半島の大根風景は大好きなのですよ。
これからシートが外され、青々とした一面の大根畑、いいですね~。
その間に富士山が見えるところもあり、今度是非写真に撮りたいと思っています。
でも、冬場は海からの風が冷たくて、意外に寒いところですね。
Commented by rasuthi at 2009-10-13 20:43 x
すいれんさん
三浦半島よく行かれましたね。私もあそこは大好きです。
でもあの大根畑はお目にかかっていません。その時期でなかったのでしょうね。岩礁の道を歩くのって結構大変ですよね。
山国育ちなので海にはあこがれます。
私は時々稲村ケ崎にいきますが。
真っ青の空 お写真が映えて本当に美しいです
お上手ですね
Commented by suirenn2 at 2009-10-13 20:46
Daiさん
Daiさんもお出かけだったのですか。
ちょうどよい日和で、海も穏やかでしたね。
私は電車とバスで行きましたが、電車はいいとして、その先のバスが何としても不便です。
今回も出来れば三崎の方へまわりたかったのですが、バスが時間的に無理であきらめました。
街中を抜けてしまうとタクシーも滅多に通りませんからね。
私は気ままにふいと出かけていくのですが、やはりコースを調べてまわった方が見落としがなくていいかもしれませんね。
まだまだ見たいところがいっぱいあるので、三浦半島は楽しみなところです。



Commented by suirenn2 at 2009-10-13 21:16
kotoさん
大根畑、ほんと、スカッとします。
例えとしてはちょっと大袈裟で、規模も色合いも違うのですが、
北海道の美瑛の丘を連想します。
シートがとれて大根の葉の緑一色・・・・・・
それも中々圧巻なのですよ。

これからは大根が美味しくなりますね。
今は青首大根が主流で、三浦大根をお店で見かけることも少ないですね。
三浦大根の生産地といっても青首大根が多いのかもしれません。


Commented by suirenn2 at 2009-10-13 21:44
rasuthiさん
お天気が良いと今頃の海は青々としてきれいですね~。
海風も心地よく、ぼ~っと眺めているだけで気持ちが和みます。
葉が伸びて緑一面の大根畑、見応えがありますよ。
普段ゴチャゴチャした都会に暮らしているので、広々としたところが快適なのでしょうね。
岩礁の道は海岸沿いに長く続いていて、何しろ相当の岩場ですからスリルもあるみたいです。
一人ではちょっと危ないかもしれませんね。

Commented by クリス at 2009-10-14 09:19 x
すいれんさん
海は広いな大きいな~~ですね。
潮風に吹かれながら、のんびり眺めてみたいです。

三浦大根、どんなお味だったでしょう?
ほんとうに今は青首大根ばかりですね~
畑の写真がステキ、ススキのむこうに見える海も素敵ですね。
これから駒場へ行ってきま~す。
Commented by suirenn2 at 2009-10-14 20:46
クリスさん
偶に海を眺めるのもいいものです。
夏の海の色とも違って青というより濃紺で力強い感じ・・・・・
迫力がありますね。
岩場に座って何となく海を眺めている人、けっこういましたよ。

三浦大根は年末になると出回りますね。
お正月のナマスには最適のようですね。
もっとも今家庭で作る人は減っているかもしれませんが・・・・。
適当な大きさでそんなに重くないので青首大根が好まれるのでしょうか。


Commented by minami at 2009-10-15 16:49 x
すいれんさん
抜けるような青い海ですね~。
気持ちがスゥートする風景です。

脳裏に残る小説との出会いを唐突にも掻き立てられることがありますよね~。
すいれんさんは素敵な方ですね~。

私も仕事をしてる頃 立原正秋の小説が好きでした~。骨董品 美しく賢い凛とした女性が描かれていたように思います。

素敵な時間を過ごされましたね~・

 

Commented by suirenn2 at 2009-10-15 22:52
minamiさん
電車で少し郊外に出ると風景がかわって興味深いですね。
ただ、電車はいいとして、その先のバスの便が悪いので閉口します。
それでも出かけてみると心身ともにリフレッシュ、気持ちがさっぱりしますね。

立原正秋の作品は殆ど読んでいますが、「剣ケ崎」は特に印象にのこっていて、灯台がずっと頭の隅にあったのですね。
実際に灯台を見たときは一瞬ポカンとした感じでした。
でも、ほっとした思いもありました。
できれば冬にまた大根干しを見に行こうかと思っています。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 散策日和 野鳥公園へ・・・・ 金 木 犀 >>